yukiの打ハハ日記

パーカッションアーティスト@中村友紀のブログ

サンプル HTML ページ



NOW ON SALE!

20160519090529 打楽器はじめの12ヶ月村澤くん

⬆︎⬆︎⬆︎DVDは村澤くんをクリック!






冬の音楽会と北西について

本日は浜北のなゆたホールにて、冬の音楽会が行われました。浜北の西の高校と、わが主人の開◯中、航空自衛隊の中央の方の金管アンサンブル、ドルチェウィンドオーケストラが出演者しました。
チョーアットホームな演奏会で、ほくほくした気持ちになれるので、好きな音楽会です。そこに北西の生徒がMCや演出をやるわけなんですけど。私自身高校時代演出も目一杯頑張ってきた質なので、教え子が演出でがんばるのは嬉しくあるわけです。
明るくて、非常に情熱のある、積極的な彼女は、中学生の時から私を慕って個人レッスンを受けにきていました。がんばりが成果としてなかなか現れない彼女に、幾度厳しい言葉を投げかけたことか。しかし彼女は食い下がる。私から吸収出来ることを模索して、厳しい先生なのに一緒に過ごす時間をいつも楽しんでくれていたことに、私も不思議に思いながらも、熱意に感心していたのでした。
その彼女が振り付けも目一杯ハッスルする。夏の大会でのティンパニは、渾身の音を最後の方でしぼりだしてくれて、彼女のいいところをやっと引き出せたなと、感動して涙が止まりませんでした。
今日もはじけながら活躍している姿をみて、心打たれるものがあり、彼女に直接、「あんたはいい子だよ。北西に入学して良かったね!」と伝えました。
人にはいろんな居場所を見つけることが大事だといつも思うのです。その為に右往左往しながら見つけるわけですし。部活はなかなかシビアです。自分のいい面を引き出すために、嫌な面と正面きって向き合わないといけないのですから。それを乗り越えてのアイデンティティなのです。
彼女は逃げずにここまで来たからこその居場所…彼女をたたえてあげたい。
そして、高校になってからも彼女の個性を殺さないで育ててくれた内◯先生にも感謝です。
顧問の先生のカラー全開なコンサートだったわけです。

ホールで演奏したあと、外でもやる。このど寒い中ですよ?

来年もやるんですって。見てる方も覚悟して防寒しなきゃいけまへん。