yukiの打ハハ日記

パーカッションアーティスト@中村友紀のブログ

サンプル HTML ページ



NOW ON SALE!

20160519090529 打楽器はじめの12ヶ月村澤くん

⬆︎⬆︎⬆︎DVDは村澤くんをクリック!






日本管楽合奏コンテストの裏話 タバコについて。

先日日曜日に出場させていただいた、日本管楽合奏コンテストのお話をば。これは全日本吹奏楽コンクールとは主催が異なり、全く関連が無いコンクールです。こちらは東京で開催されています。
さてこのコンクールは副賞なるものが付くのですよ。一番はハーモニーデレクターが当たる、ヤマハ賞!!!しかもこれが一位では無い笑。通称ハモデは買うと結構値が張るものです。20万ぐらいはするかな。それがプレゼントされる!とあって、顧問の皆さまは、失礼ながらそのヤマハ賞を狙っている!と言っても過言ではない。
今回一位は千葉県の酒井根中学校が受賞されました。主人曰く、文句の付けようがない素晴らしい演奏でした〜とのこと。問題のヤマハ賞は、松戸四中が受賞されました!!!!開成中は副賞なし。
松戸四中の須藤先生も主人と同じ喫煙者のようで、そのタバコスペースにやってきて雑談をされるようです。
タバコ撲滅キャンペーンが各地で行われておりますが、このタバココミュニケーションというのも侮れません。地位や立場かんけいなく、タバコ というキーワードのみで集まる、しかも結構至近距離。灰皿に近づくので、かなり肌が擦れ合うぐらいにはなるんですね。失礼ながら火をお借りしたり、または貸したりしながら、距離が近づくからなのか、これはこれで楽しい場所なのでありますが。
去年初出場させていただいた時にも、須藤先生とお話できて、吹奏楽ミーハー@コウタローの胸はドキドキ高鳴ったようですが、今年もお話できて嬉しかったようで、他の話よりも、タバコゾーンでの話が一番長かった。
体には悪いですが、独特のコミュニケーションのあるタバコ、、、。飲み会ではないんですね、あくまでもタバコだから得られるコミュニケーションってのがあるのです。もちろんこれをご覧のお利口な皆様は大人のたしなみというのは、ご存知ですね?未成年ではダメなのよ〜?