yukiの打ハハ日記

パーカッションアーティスト@中村友紀のブログ

サンプル HTML ページ



NOW ON SALE!

20160519090529 打楽器はじめの12ヶ月村澤くん

⬆︎⬆︎⬆︎DVDは村澤くんをクリック!






ごん、おまいだったのか?

f:id:tokatonton216:20170921124704j:plain

小学校四年の秋、

家でごんぎつねを音読するたびに

泣いていた、あたくし。

その2年後にバレエでゴンを演じました。

私は子役で、脚本家の創作なんだけど、お母さんと一緒に過ごすところから、お母さんが撃たれて死ぬところまで踊ったのかな。

お母さんが私の手首にリボンを結んでくれて、お母さんも同じのを結んでる。

それを見せ合いっこしたりして、普通の親子の生活をしていたのだけど。

ある時人の気配を感じたお母さんが、私であるゴンを突き飛ばす。

その後背後から銃声が聞こえる…





私は突き飛ばされて袖へ向かって倒れるように走り込みました。

そっから後は大人が踊りました。

ごんぎつねのクライマックス、やっぱり最後の、兵十にゴンが撃たれるシーンが、通し稽古の度に、みんな泣くんだよね。

そして、死んだはずのお母さんがゴンを弔うために、彼岸花となって現れる。彼岸花の群生を踊ったお姉さんたちの中に、お母さんもいるんだよね。

その中でゴンは天国へ旅立つんだけど…



そのシーンを思い出すわけで。


明日明後日はそのお母さんがいっぱい溢れる、彼岸花の群生を観に行こうと思っているわけです。


秋の、彼岸花が咲く1週間だけしか味わえない、群生。娘も小学四年生…。

f:id:tokatonton216:20130922174811j:plain

2017 浜松市吹奏楽トップコンサート

先日、18日に行われました。毎年恒例のトップコンサート。浜松市内のコンクール成績優秀校のみ出演できるこのコンサートに、今年も開成中は参加できました。

全国大会が果たせなかった悔しい夏になりましたので、そのリベンジに燃え、初めてグランプリを受賞しました。審査員は観客の皆様、その拍手の音量が評価基準です。一番拍手の音量が大きかったチームがグランプリ、ということになります。

f:id:tokatonton216:20170921094125j:image

自由曲のガイーヌをメインに、数曲演奏。ステージの流れを最も重視して練習したと顧問談。いつもは喋り始めるととりとめもなくグダグダになる顧問のトークも、今回は無しにして、会の進行に気を遣ったのだそうです。おめでとうございました!

http://www.hcf.or.jp/information/2017/09/917_5.php

 

11/4には浜松市雄踏文化ホールにて、大阪桐蔭高校とのジョイントを控えております。

 

泣いていいですか?鈴木千恵CD発売記念ライブ!!!

大学の先輩が凱旋ライブで浜松に来たので観に行きました。

カッコよかったよ、泣けてきた。嬉しくてね、嬉しいと泣けるんだね。

f:id:tokatonton216:20170915223131j:plain

↑↑↑違った!!!www.

この方はオルケスタデルソルのピアニスト、森村さん。

ライブ後を激写。カッコよくひきゃーマネしたくもなる、の図。

 

 

f:id:tokatonton216:20170916063025j:image

こちらの、鈴木千恵さんよ。

大学時代は一緒に過ごしたことも多かったと思う。

先輩でありながら、同級生のように接していた。彼女の人の良さに甘えてね。

こんなにカッコよくなって、目の前に現れた。嬉しいね〜

涙が溢れそうになる気持ちがふつふつと沸いてくるのを、お酒で抑えた。

飲まずにはいられないのよ。

知っている人が目の前でビックネームと演奏してるんだよ、感動がね。

みなさんに可愛がられて、楽しそうに演奏していた、いい居場所を得たんだね、良かった。

f:id:tokatonton216:20170917141009j:plain

ちえさんのCDはこれ。みんな買いましょうwww。.かっこいいし、彼女の感性で選んだヘンテコ、いやいろんなジャンルの選曲で面白い。

f:id:tokatonton216:20170916064846j:image

http://tower.jp/item/4601109/ヒア・ウイ・ゴー

大岡越前のテーマ面白かった〜

第29期浜松市中学校選抜吹奏楽団オーディション

今年も選抜試験の監督を担当しました。今回は49人が受験し、7人の合格者が出ましたので、倍率は7倍。いつもよりこれでもお手柔らかです。

昨日の試験で同席されたのは、浜松南部中の杉山先生。打楽器審査はお初ですし、専門外だから、よく分かりません、とおっしゃいましたが、全員の試験が終わってから面白かったとおっしゃいました。

さて、受験者の感想としては、小太鼓のロールに苦手意識を持っている人がとても多いこと。鍵盤打楽器も表情を作ることができることを初めて知ったのではないか?という生徒がいました。みんなとても緊張していて、心臓が私の目の前でドクドク鳴っているようでした。

何期目かの卒団生で音大へ行った子から、中学選抜試験の話を聞く機会がありました。私が黒い服を着ている、目がやたら怖い、音大の試験より緊張する、と酷評だったので、ちゃんとするために着ていた黒い服はやめて、今回はアジアン風に。冗談を言ったりして和ませて、少しでも普段通りに演奏できる声かけを。心がけたつもりです。これに関しては後ほど、生徒からダメ出しがあるのではないか?と思っております。何年も経ってからドワーっと言われる、というダメ出しもありますが笑。

演奏後は質問コーナーにしました。これも例年にはないパターン。練習している中で、疑問に思ったり工夫したことなどあったはずで、知らないなりに、何かアプローチがあった形跡が見られる生徒については評価を上げました。

これを機に何かを得てこれからに生かしてくれたらいいな、と思いました。


小学生のコンクール間近❗️

f:id:tokatonton216:20170904152234j:image

夏休み後半から、こちらのコンクールの仕込み、私も参戦し始めました。手前にあるのは夏休みの宿題。。。これやらんと部活できんに〜〜!!!です。

担当三校、全9曲、ドラムほぼ初見大会。。。

小学生の初戦、静岡県バンドフェスティバルは、10/1浜北アリーナにて。本選は全国、大阪城ホールです。