yukiの打ハハ日記

パーカッションアーティスト@中村友紀のブログ

サンプル HTML ページ



NOW ON SALE!

20160519090529 打楽器はじめの12ヶ月村澤くん

⬆︎⬆︎⬆︎DVDは村澤くんをクリック!






アンサンブルコンテスト2020年度雑記

f:id:tokatonton216:20210203171623j:plain

アンサンブルコンテストが

ひとまず、ひと段落しました。


朝日のコンテストでは、

開成中打楽器5重奏が

全国大会へ出場することになりました。

2/13.に行われた録音審査で

朝日新聞社賞をいただきました。

今回開成打楽器は、

静岡県西部大会、県大会、東海大会と、

ずーーっと1位通過。

すごいね〜。。。

しかもどの審査員も

満遍なく評価していただく、快挙でした。


つくづく思うのは、チーム戦だなと。

演奏している生徒はもちろん

支える保護者

指導する側

学校の理解

地域の理解

資金面

イデアをくださるスタッフ

。。。などなど

代表ではありますが、

皆さんの気持ちの結集だと、

思いました。


東海大会録音審査提出用の動画は

近日中に開成中学校吹奏楽YouTubeに公開予定です。

3/27.15:00〜.の

第10回定期演奏会のオープニングで、

演奏するんじゃないかな〜

(ほか、定演の曲はまだ全然決まってません💦)



中日新聞主催の重奏コンテストの方も、

静岡県代表として、

袋井市立周南中打楽器7重奏が選ばれました。

こちらも1位通過。

今年はそういう風なのかな。

朝日のコンテストも

金賞いただいたことなかったし、

中日重奏コンテストも

なっかなか代表に

選ばれませんでしたから。


コロナ禍にあって、よく頑張りましたね。

袋井市は、浜松の二つ東隣の街。

メロン生産が盛んな素朴な地域です。

浜松市よりも部活動の制限が多く

満足な活動ができませんから

その中での代表は立派です。


どちらのチームも仲が良い。

風通しの良いチーム、という印象。

考える練習を楽しんでくれて

私の手から離れたチーム、でした。


コロナのこともあり、動画なり

インターネットなりの

通信が非常に盛んになりました。

これを使わない手はないので

もちろん、活用しました。


録音審査というのも

新たな試みでした。


録音だから音質はこだわるわけで

ライブで気をつけることと

また別の視点で音楽に取り組めるのは新鮮でした。

純粋に綺麗な音を作ることに

集中できたのは楽しかったです。


録音、撮影に関しては

浜松市の映像会社

EMIピクチャーズエンターテイメントさんに

ご協力願いました。

たくさんの目や、耳や、頭脳が集結して

熱いものを作るという作業。

また別のやり方との出会い、

これからも大いに活用したいと思いました。


朝日のコンテストは

2021/3/20.宮崎県立芸術劇場にて

今のところ生演奏での開催予定です。


中日重奏コンテストは

2021/3/27.名古屋文理フォーラムにて、こちらも今のところ、生演奏の開催予定。


この二校以外も指導校みなさん

よく頑張りました。


印象的だったのは

太鼓のみのアンサンブル、ヴァルハラに取り組んだ

富塚中の三重奏かな。

元々太鼓専攻の私が

太鼓のみのアンサンブルと携われたこと

混じりっけなしに真正面から

取り組ませていただきました。

生徒もとても気持ちがある子が揃い

教えれば教えた分だけ

乾いた土に水をやるように

どんどん吸収してくれました。

先生も熱い!絶対諦めない。

どうにかする!という気概が

すごかったです。

心の圧、というか、すさまじい、

が、1番適してるかな。。。

おそらく、生涯の思い出になるでしょう。


やっぱり、太鼓、すき❣️


f:id:tokatonton216:20210118103320j:plain

↑2/1.に登った掛川市にある、粟ヶ岳の森の風景



2020年度アンサンブル関係

f:id:tokatonton216:20201127171418j:plain

アンサンブルコンテスト関係は

私の仕事的には一段落しました。


1/31.に中日重奏コンテスト静岡県大会が行われました。無観客演奏、でした。事前のテープ審査を通過したソロと重奏が演奏。

周南中が、静岡県代表になりました。3/27.名古屋文理フォーラムで、本大会が行われる予定です。演奏できるかはコロナ次第…揺れ動く乙女心と大会日程です。

録音?演奏?

お客は、入れる?入れない?

どうやって行く?

どんなスケジュールで練習してく?

どうやって録音する?

が、毎日状況が変わり、対応するのでやっとやっとでした。

富塚中は、太鼓だけの硬派な曲を演奏し金賞でした。正直今シーズン1番テコ入れしたのが、富塚中かもしれません。

ソロ部門では、ゆづきちゃんが金賞でした〜。


1/17.に行われた朝日新聞主催の全日本アンサンブルコンテスト静岡県大会も、無観客演奏でした。

こちらは開成中が出場。静岡県代表になりました。

東海大会は、動画と録音審査ということで、その提出が昨日終わり、2/13.の審査を待っている状態です。


私はしばらく、のんびりしたい。

希望としては、南のきれいな海へ潜りたい。あ、潜った経験は皆無です、想像してるだけ。



第10回 浜松市立開成中学校吹奏楽部定期演奏会お知らせ

f:id:tokatonton216:20210204083340j:plain

新型コロナウイルス

かかりたくなくて、

鬱々とした日々をお過ごしの皆様。


怖い怖いといって、

逃げ回っているだけではつまらない!

なんとかして

前向きに過ごすことだって、

考えたり

行動したりして、

少しでも心の活気を求めたい!


子供たちの愛と勇気の結晶を

お届けできたらと、

準備を始めました。



開催形式が

どのようになるか分かりませんが、

お楽しみいただけたらと思います。



※このチラシは、訂正前のもの〜



浜松市開成中学校吹奏楽

第10回定期演奏会


2021.3.27. 15:00〜スタート

(14:15開場)

アクトシティ浜松中ホール


入場無料

新型コロナウイルスの影響による、吹奏楽部コンクールの在り方について

吹奏楽部のコンクールについて


このコロナの影響で

中止とか

録音審査とか

無観客演奏とか

普通に入れてやるとか

あります。


録音録画審査もやり

無観客も立ち会い

その審査もしました。


アンサンブルに関しては

訳あって

去年私の気力がなくて

傍観者的意味合いの強い年でしたので

アンサンブル全国が中止になったことも

しょうがないんじゃない?

という冷めたものでした。

(旦那がワーワー言うのを

白けた気持ちで見ていました。)


今年は目前に全国が見えるところに

今いますので、

去年とは見える景色が全然違います。


録音審査なのか

無観客なのか

録音なら事前に準備しないといけない

演奏するならペース配分がある。


録音ならではの

評価の基準があることも分かってきました。

ライブとの評価の違いがあり

戸惑う点です。


生徒の立場からすると

私は無観客でも

演奏して終わった方が

気持ちいい、です。


まず、そこに目指して取り組む。

ゴールがはっきり分かります。


ステージの上で審査される

公平感があります。


演奏審査では

失敗したらやり直しがきかないので

失敗は潔く諦められます。


コロナの感染を恐れるのも分かります。


演奏して終わった方が

結果はどーであれ

とても気分スッキリして

次へ進めます。

このスッキリ感、

達成感って

想像以上に大切だと

気付かされたのもコロナのおかげかも知れません。


恋愛で例えると

(例える必要の有無は置いといて笑)

直接会って告白するか

友達から伝えてもらうか

って感じの差がある、

あくまでも私のイメージです。


電話で告白するランクには

録音審査では、違う、と思います。


動画審査はDVDに録画したものを

テレビなりで見て

告白される感じ?

LINEの動画じゃーないって感じです。


録音審査は

ムニャムニャした感じで

終わったか

終わってないか

よくわからない間に

あー結果でましたか、へぇー


みたいな感じになります。。。


スタートした時に

ゴールを想定してスタートします。


やっていくうちに

ゴールがコロコロ変わる

のが、今の時世。


そりゃしょうがないんですけど、

設定したゴールがコロコロ変わるのは

精神的にとても疲れます。

一応ルールというものが打ち出されますが

それがあっても違うことを言われたりします。


コンクールものは戦いですから

かなり心のエンジンをふかして

準備したり

計画的に進めたりするものです。

馬力がとても必要。


限りある馬力をどう使うか

考えてペース配分していきます。


アドレナリンが本番前はボーボー出ます。

そう、ボーボー。

突然、消火器か、

水をかけられます。

それか種火でも燃えさせてくれるのは

ありがたいです。

だって燃えたいんだから。

そう思ってスタートしてるし。

最後は炭になって燃え尽きたいんです。


正直、ただそれだけです。

ただそれだけ、シンプルです。

大人のエゴだの?

承認欲求だの?

全くないとは言いません。

子供を盾にして?自分のエゴのため?

ゼロとは言いません。

でもな、冷静に子供たちを見てると

燃えたいと思ってる子供の気持ちを

踏みにじる、

火に水をかける


それはだって、ご時世だから

我慢しろ

ってなるんです。


もちろん、わかるけども。


燃えたくない

やらされている

アンコン長丁場になれば

疲れるから

無しでいいや、

という学校の方が

全国規模で言えば、ほとんどなのかな

それも分かります。

やる気のある人ばかりじゃ

ないですからね。


どっちの立場も経験した

私の感想でした。

2021.今年もよろしくお願いします!

f:id:tokatonton216:20210114081343j:plain


今年もよろしくお願いします!


娘が中学生になり、

家事仕事に加え、送迎地獄がプラスされ

ますますブログが滞っております〜


新型コロナウイルスが蔓延して

世界を脅かすようになってから

丸一年経ちますが

これといって手立てがなく

人と接触しないように!の

一年でした。


人と接触しないことに

最初のうちは頑張れるのですが

だんだん飽きてきて、

精神と経済と、自分の命と

色々を自分で守るために

どう生きたらいいか?を

考えさせられます。


夏にリサイタルをさせていただきました。

それから演奏する機会が

まともに訪れていませんが、

しかし、音楽はなんで必要なのか?を考えるいい機会になりました。

なんだかんだで苦しいし、

仕事だけでなく

家のこともやらないといけない

バランスの難しさから

辞めたいなーと思うこともあるのですが、

私にとっては生きていく上で

必要なもの、が、音楽

のようです…。


教える仕事がほとんどのいま

吹奏楽部のアンサンブルコンテストのレッスンが続いています。

久しぶりに審査員のお仕事もしました。

音楽の仕事もまだあるし

ありがたいことに忙しい日々で

必要とされているうちは

私の大好きな音楽と関われることに

感謝したいと思います。


今はまだあまり遠いところへ

出歩けませんし

どうやらまだまだ先のことのようですが

コロナに振り回される日々から解放されたら

喜びがきっと爆発するだろうを想像して…。


秋に肋骨を骨折して

怠けてしまった体を

そろそろ戻さないとなーと


今日は最近厳しかった寒さが

キツくないので

山でも登ろう


しかし、松脂の蓋がない!

どこ行ったんだ!

もう1時間も探してるのに。