yukiの打ハハ日記

浜松市在住 打楽器奏者 パーカッションアーティスト@中村友紀のブログ

サンプル HTML ページ



NOW ON SALE!

20160519090529 打楽器はじめの12ヶ月

リズムサークル行きましたー

続・リズムサークルに出かけました。

 

本日は浜松市内の小学校。

5.6年生対象でした。

 

1〜4時間目ノンストップで

朝から昼まだ駆け抜けました。

 

f:id:tokatonton216:20240620222304j:image

 

4クラスを行いましたが

各クラスごと違う反応が見られました。

クラスの個性が面白かったです。

 

30台必要なジャンベは

岡田智恵子先生と、金田恵美先生

それから鈴木楽器さんからお借りして

間に合わせました。

 

1人1台の楽器は壮観で

児童から起こるグループもまた

エネルギッシュでした。

 

我慢を強いられたコロナ禍。

ストレスが強かった中を

生きてきた子供達。

心の解放が不器用思います。

 

乱れること

感情を昂らせること

 

今日は可能な限り受け入れました。

 

解放があるから

我慢できるのだと思うのです。

 

より一層リズムサークルの必要性を

感じた瞬間でした。

 

f:id:tokatonton216:20240620223223j:image

相棒の金田恵美先生と🧡

 

またどこかで

リズムサークルができるといいな!

 

 

 

 

リズムサークル活動始動⭐️


袋井市立周南中学校吹奏楽部に
お邪魔しました。

f:id:tokatonton216:20240617073220j:image

#リズムサークル
今年度はこちらもやります💪
ただいま普及活動中💋〜

ピアノの#金田恵美 先生と2人で
進めていきます。

f:id:tokatonton216:20240617073228j:image

音楽とか、打楽器とか、
そういう枠を取り払い
コミュニケーションのツールとして
これは活用できます。

部員に感想を聞きましたら
話したことのない後輩が
本当はこんな表現をするんだという
意外性が発見できて
有意義な時間でした、とのこと。

短い時間で心の距離がグッと縮まるので
会社の新人研修や
クラス替えをした最初の時期
飲み会に代えて
これを利用される方が
いるのだそうです。

今週は、小学校でも
活動させていただきます。

浜松でも是非もっと
活動できるようにします。

夢は大会社でこれをやること
浜松近郊の大きな会社といえば
スズキ、ホンダ、ヤマハ、カワイ…
楽器メーカーだけでも
錚々たる顔ぶれです。

他にもたくさんありますね🧡

 

中日吹中学静岡県大会終わりました

コロナが本格的に明けて

私の仕事もまた

いつものように忙しくなってきました。

 

占いによると忙しい星が

二つもあるので

忙しかなるのは受けれてるつもりです

ありがたいが

今日はやっとお休みでありがたいと 思ってしまいますね〜

 

 

さて、この週末は

中部日本吹奏楽コンクール

中学の部の静岡県大会がありました。

 

先週の楽しいイベントが終わった直後から

一気に吹奏楽モードになりました。

 

生徒へのサポートはもちろん

顧問の先生へのサポートも

コンクールのお手伝い

生徒がパフォーマンスを楽しくできるように

私のできることをやったつもりです。

 

 

その関連がとっても忙しかったので

頭がゴタついています。

また追記します

 

f:id:tokatonton216:20240610115700j:image

イベント三昧、充実しすぎる週末

週末は楽しいこと三昧でした

充実とはこのことを言うんだね

 

浜松学芸高校新校舎落成記念、ときわコンサート

f:id:tokatonton216:20240603174834j:image
f:id:tokatonton216:20240603174832j:image

f:id:tokatonton216:20240603174805j:image
f:id:tokatonton216:20240603174807j:image

共演の伊藤香織ちゃんと!

アズワンをやりました

 

 

その夜、打ち上げたくて

1人でこちらへ

平松くんと、たまちゃんが演奏してた。

歌は長谷川剛久くん。

彼のご両親をよく知っていました。

子どもの頃に見て以来だったので

おっさんの彼が誰かわかりませんでしたww

平松くんとは、国立音大の同級生。

f:id:tokatonton216:20240603174802j:image
f:id:tokatonton216:20240603174815j:image

私は飛び入り参加しました。

打ち合わせナッシングの完全飛び入り。

YouTubeで動画もアップしたので

興味ある方はご覧ください。

酔っ払ってるので、細かいことはご勘弁を。

 

女将である山田あかりさんは、主人の教え子。

ずっとお会いしたかったので

直接出会えた記念日。

そうね、思うこと20年越しかもしれない。。。

 

いつか会える、いつか話せると思う人とは

結局なかなかそうならない

自分で行動すべし、なんだろうね。

 

ご飯と飲み物と

演奏がセットなんだよ。

こんないい酒場ってある???

しかも飛び入りで演奏させてもらえちゃって。。

 

 

 

 

 

日曜日の午後は

大学の同級生、小森伸二くんのリサイタルへ。

名古屋音楽界における彼への信頼度の高さにいつも驚くんです。

人柄もいいしね、面白い人だし

同級生で一番会う回数が多い人なのかもしれない。

f:id:tokatonton216:20240603174820j:image

伴奏をした武藤純ちゃんも、同級生。

卒業して以来だからめっちゃ久しぶり。

変わらず可憐な人だね。
f:id:tokatonton216:20240603174810j:image

来場した人、同級生で写真
f:id:tokatonton216:20240603174812j:image

結構濃いメンツですww

安定の面白さでした。

大学の時と同じベリーショートカットにしたばかりだから

逆に同級生の皆さんは切りたてホヤホヤなわたしの髪型に

なんの違和感もない様子でした。


f:id:tokatonton216:20240603174817j:image

夜は同級生で飲み会🍻

ヴァイオリニスト古宮山えりが予約を取ってくれました。

急に太鼓同級生の三野を呼びつけ。

名古屋市内に住んでることもあって。

来てくれて嬉しかったです、呼んでよかった!

岩崎くんと、三野は中学の同級生だって。

2人はセレブな地域の住民らしい、お金持ちって素敵💓

三野の高校時代の制服姿を知っている私としては

彼女の成長というか現在に

時間の経過を感じました。

特徴的なメガネをかけてましたが

彼女はオシャレさんなので

きっとどっかの素敵なブランド品なんでしょう。

 

ゆかこちゃんが安定のお笑い人だった。

すごいわずかなジャブを投げてくるんだけど

決定的にそれは面白いんだもんね。

ゆかこちゃんは当時交流がなかった三野とすっかり意気投合していた。

最近こじんまりした同窓会をやってたらしい。

そこで初めて会話したんだって。

昔から笑上戸の三野と、笑う気満々な私を餌に

ゆかこちゃんはたくさんの笑いを与えてくださいました。

 

オユンナという歌手が当時在籍していた名古屋音大。

なんかの拍子にその名前が出ました。

三野曰く

「むらさん、オユンナのマネしてたよね???」

 

知らんがなww

 

 

笑いって素敵

笑いってサイコー

冗談が通じない人とは一緒にいられないんだなと

痛感した、わたしなのでした。

 

こんな機会を作ってくれた

小森くんよ、ありがとう😊

リサイタルはそこそこに、

同窓会がメインなのか?楽しすぎる週末でした。

 

教育のあり方

私が大学の頃

東京から先生が来て

打楽器の特別講義がありました。

 

先生は冒頭から威圧感がありまくり

先生の問いかけに黙っていると

反応が悪いからやる気がないんだな

帰ります

といって、新幹線にとっとと乗って

帰ってしまいました。

 

当時から思っていたことを

今言葉にするなら

 

んじゃ、東京の生徒たちって

どんな反応をするんだろう

やる気ってどうやるとそう見えるんだろう。

 

先生は特別講師だから

学校から雇われてるなら

学校に行く義務が生じていて

来てはみたものの

生徒の反応が面白くないから

帰ってしまう。

でも来いと言われた来たので

一応責任は果たせていると。

やる気もない能力も低い

名古屋の生徒を相手にしても

先生からしたら何の利もないと

きっと思ってるんだろーなーと思いました。

そんな高圧的な先生と

まともにやっていける東京の生徒さんたちは

只者ではないはずだ💦と

すっかり思い込んでしまい

東京の人たちに対する敷居の高さを

勝手に上げていたのかもしれません。

きっとうますぎて怖くて

自分なんか馬鹿にされて

近づけないよ、こわいこわい。

 

そう思っていました。

 

 

あの人はすごい!だの

失礼のないようにだの

よく聞きましたが

 

その人の主観でものを言う

ということを、つい忘れてしまうんですね。

私が思うとしたら

そう思わないかもしれないわけ。

 

余計な入れ知恵?のせいで

勝手にビビって敷居を高くしたことで

逃したチャンスはたくさんあると思います。

 

アドバイスしてくれる人の

レベルだの目線だので

挑戦するか否かを決めるのは

愚か、であります。。。。

 

例えば東大生が

弁護士試験を受けようとしてる、と。

 

せんぱーい、弁護士試験って

簡単ですか?

 

って、私が質問するとします。

きっと

 

あー、簡単だよ。

君も出来るよ!

 

とアドバイスするかもしれませんね。

 

簡単だよ、と言われたら

ちょっと頑張ってみようかななんて

思っちゃうのではないかと思います。

 

難しいから大変だよー

俺も大変だったから

2度と受けないつもり

お前もやめときな?

 

と言われたら

あーそーなのか。。。と

挑戦する気持ちが萎えたりね。

 

そうじゃない人もいると思いますが

私みたいに思う人も多いと思います。

 

 

難しいパッセージがあります。

私は、大丈夫できるよ!

と言います。

 

そうするとできるようになります。

ほんとに。

 

これ難しいからねー

一年生じゃまず無理だから

 

って言うといつまで経っても出来ません。