読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiの打ハハ日記

パーカッションアーティスト@中村友紀のブログ

サンプル HTML ページ



NOW ON SALE!

20160519090529 打楽器はじめの12ヶ月村澤くん

⬆︎⬆︎⬆︎DVDは村澤くんをクリック!






春を呼ぶコンサート終わり!及び野崎先生還暦コンサートご案内

おんがくの話

昨日春を呼ぶコンサート、終了しました!
田中貫一先生、酒井あやの先生という、浜松学芸高校の大先生たちに交えて私もソロを演奏させていただけたこと、とても光栄に思っています。そして楽しんで演奏することも出来ました。伴奏がいつも遊んでくれているあやちゃんだったことも、楽しめた一因だと思います。これをご覧になっていらしてくださった方に、お礼を申し上げます。。。。
さて、今月毎週ある本番のうち、2本が終わりました。次は明後日の浜松南部中・野崎先生の還暦コンサートです。今の浜松の吹奏楽界を盛り上げてくださった一人の、大御所先生ですが、いつも若い精神でいらっしゃるし、無邪気で情が深くて気を遣われたり遣われなかったり(笑)、振り回されることも多々あるのですが、しかし「まぁ野崎先生だからねぇ〜〜〜」と笑顔に慣れる、摩訶不思議な先生。とても愛されています。教え子が数人立ち上がって先生の退職をお祝いしたいと、コンサートで送り出して差し上げることになったのでした。私は残念ながら教え子ではありませんが、打楽器のことを先生が冷遇していた関係で続けている生徒がほとんどいないので、賛助出演することになりました。
「おいあんた!ちょっと頼むでね!」ってところです。
レッスンに伺ったときも先生は私が行くことをすっかりお忘れになられていて、「なんであんたいるのかね?」と言われたこともしょっちゅうでした。その度あへ?となっていました。あと生徒も方も、午前中だけの練習だと思っていたら、急に一日になり、弁当を持っていなくて腹ぺこになることもよくあることのようです。不測の事態に備え、生徒も方も特に言われなくてもお弁当を持って行くようになるとか、文句も言わずにそうなるのですから、なんでだろう・・・がたくさんあるのです。というような野崎先生ならではの、珍現象の披露宴に演奏会後の宴でなるのではないでしょうか。教え子の皆さんももちろんご出席されますが、同僚もたくさん出席されます。その中にうちの主人も混ぜていただいており、櫛田てつのすけ先生の「雲のコラージュ」の指揮を振らせていただくことになっています。あと「アルセナール(南陽中・平山先生指揮)」や、もちろんの「ナイルの守り」練習が少なくて戦々恐々の「トッカータとフーガ」、それから対馬先生指揮で「五月の風(全日吹課題曲)」も演奏する予定です。
もしご興味ある方がいらしたら、一般の方の入場も可能だそうです。お問い合わせはこちらまで。
3月20日(水)浜松福祉交流センター
開場13:30
開演14:15
野崎豊先生 還暦記念コンサート
【お問い合わせ】
栗原 090‐3483‐2348