読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiの打ハハ日記

パーカッションアーティスト@中村友紀のブログ

サンプル HTML ページ



NOW ON SALE!

20160519090529 打楽器はじめの12ヶ月村澤くん

⬆︎⬆︎⬆︎DVDは村澤くんをクリック!






小学校バンフェス東海&親と子のコンサートvol.2

おんがくの話・熱血鬼教師編 おんがくの話

本日は小学校バンドフェスティバルが、岐阜県で開催されていました。気が気ではなく、一日中ぞわぞわして過ごしていました。結果は泉小学校が金賞。瑞穂小学校が銀賞だったそうな。代表にはなれませんでした。。。。。。
小学校の戦いはこれにて終了しました。随分泣き腫らして帰りの旅路についたと聞きました。
構成の泉、サウンドの瑞穂、さぁ〜どうなるのかね、、、、なんて言っていましたが。主人も未来の開成中学校生徒の瑞穂小学校へ、何回か通ったようで、アドバイスをしたようです。そうやって小中で交流して真剣に向き合うっていいことだなぁ〜と思います。子供たちの真剣な顔って、本当に素敵で、心が震えるんですから。
結果がどうでもいい、何て言ったら何ですけども、そりゃ結果が出た方が嬉しいに決まってるけど、この取り組みにより、何を学んだかってことが一番大事だったりするわけで。何のために一生懸命頑張ったのかってのがね。それを通じて何を学習したのか?というのが大事だと思います。そうすると、結果はどうであれ、やりきった清々しさがあったり、あ〜これだけ頑張ってもダメなんだ、もっと頑張んないといけないんだ、、、ってのとか、自分も一生懸命にやれば出来ることがあるんだとか、部活を通して学びを得たことって、いっぱいあったと思うんです。
小学生の場合親がかなり関わって一緒に頑張るというのもありますから、親も子供の頑張りに感化され、すっかり一緒に燃えちゃって、、、、そんなんで、子供に気付かされることに感謝することもあるし、そういうことが大事なんじゃないかな、、、と、思います。



さて、親と子のコンサートは、本日東区大蒲町の光禅寺さんにて行われました。本堂で演奏するのは初めてです。たくさんの子供たちと、親御さんで大にぎわいでした。